PHDSTUDIES.JP

消費者問題の パートタイム PhDプログラム 2019 を見る

博士は、哲学博士の略称です。この程度では、特定の分野または主題で深い研究を行っている高レベルの学生の研究者に配信大学院プログラムです。

消費者問題の修士の学位は、消費者保護とエンパワーメントについての学生を教えるつもり。それは消費者に社会的、経済的環境の焦点を当てています。これは、サービスや製品を提供する任意の組織のための貴重な消費者問題管理の専門家が作成されます。

情報を要求する 消費者問題の パートタイム 博士課程プログラム 2019

消費者問題 で 1 の結果 Filter

コミュニケーションと消費慣行の大学院

ESPM
キャンパス 定時制課程 3 月 2020 ブラジル São Paulo

コミュニケーションとStricto扇子コンシューマー・プラクティスESPM(PPGCOM ESPM)での大学院プログラムは、学術修士課程で2006年に始まり、2012年に承認された博士課程を持っていました。 これは、コミュニケーションと消費の分野における国内および国際業務の専門知識、研究活動を行い、リードすることができ、指導、教育を教授や先輩研究者を養成することを目指しています。 その教員と学生が知的生産がCAPESで最大レベルで評価されています。