PHDSTUDIES.JP

アジア で 水文学の 博士プログラム 2019/2020 を見つける

ほとんどの博士課程のプログラムの入学条件は、すでに修士号を取得したことです。 さらに、オリジナルな研究を含む学術論文を提出しなければなりません。 一部の国では、出来上がった論文を専門家のパネルの前で発表するという口述試験もあります。

アジアでの彼らの学位の一部を修了した学生は、数字で成長している。現在、第2および第3の最大の経済はアジアである。制限なく、学生が自分たちの生活の最高の経験として、アジアで自分の時間を記載している。今日では、世界の4つの最も人口の国の3つがアジアである中国、インド、インドネシア。

アジア で 水文学の 博士プログラム 2019/2020 すべてを見る

水文学, アジア で 1 の結果 Filter

水文・海洋科学の博士号

National Central University
キャンパス 全日制課程 定時制課程 9月 2020 台湾 新竹

グローバルな水循環、水圏環境科学、情報技術ベースのハイドロ災害軽減:2001年に設立され、水文科学研究所(IHS)が研究と三つの主要な分野での教育の機会を提供しています。