PHDSTUDIES.JP

毒物学の の 博士プログラム を比較する

博士の哲学は、その略語PhDによってよく知られています。それは、しばしば、その分野で最高の学位を授与され、教育サミットを代表しています。

毒物学の博士号は何ですか?毒物学は生物に対する様々な物質の有害な影響の研究。化学、生物学、医学の要素を持つ学際的な研究分野です。生徒は、毒素の化学的構成や異なる生物に影響を与える化学物質の投与量などの情報を学びます。分野の多様性のために、分析化学、生化学、薬品、生体材料など、その程度の違いを強調することができます。

毒物学分野の博士課程の学生は、一般的に強力な計算能力と分析能力を備えています。博士号は、通常、毒物学や教職と関連した仕事で仕事を見つけるために使用することができます。

PhD in Toxicologyプログラムは通常、完了するまでに約4年かかりますが、これらのプログラムはしばしば多くの異なる国で見つかる可能性があるため、授業料やその他の財務的な考慮事項はさまざまです。財政状況やニーズに最適なオプションを見つけるために、大学を研究する必要があります。

毒物学の博士号を持つ卒業生は、科学関連の分野で多くの研究を行うことができます。卒業生は、より集中的な分野に進出する前に、より一般的な感覚で研究室に入ることがよくあります。研究科学者は、製品の安全性評価、公共の安全、学術と産業の分野、および法的規制に関連する研究所で潜在的に働くことができます。法執行機関や製薬業界では、毒物学者を使って分析を行っています。

高度な学位であるため、より基本的なプログラムより毒物学の博士号を提供する機関を見つけることはより困難かもしれません。これにもかかわらず、あなたは一般的に多くの異なる国の毒物学プログラムでPhDを見つけることができます。もっと学ぶことに興味がある場合は、下記のプログラムを検索し、あなたが選んだ学校の入学管理課に直接問い合わせてください。

毒物学 で 1 の結果 Filter

環境毒性学におけるphd

Chulabhorn Graduate Institute
キャンパス 全日制課程 6月 2020 タイ王国 バンコク

この地域内の多くの国々の急速な発展は、産業、農業、公衆衛生、ならびに日常生活における化学物質の広範な使用をもたらしました。 これにより、