航空の博士号

一般

講座の説明

博士号セントルイス大学の航空科学の学生は、コースワークに関連するトピックに焦点を当て、大学院研究の一般的な準備を評価する資格試験をスケジュールする前に、コースワークを完了します。資格試験に合格すると、学生は研究指導者の監督の下で論文の提案を作成します。その後、学生は論文の提案を提示し、弁護します。研究を行い、論文を書いた後、学生は公開フォーラムで論文を擁護し、その後委員会に非公開で参加します。

カリキュラムの概要

学生は、アドバイザーと博士号で作業します。プログラムを完了するための特定のコースワークを決定する委員会。適切な理学修士号を取得している学生は、博士号に必要な63単位に、関連するMS学位の単位のうち最大27単位を含めることができますが、論文やプロジェクト単位は含みません。程度。

キャリア

博士号を取得した卒業生航空科学の分野では、学術、政府、および業界で航空関連の研究を実施するための独自の資格があります。

学習成果

  1. 卒業生は、関連分野の文献や研究分野での学術的貢献を評価することができます。
  2. 卒業生は、研究分野での主要な実践、理論、または研究方法論を適用することができます。
  3. 卒業生は、幅広い分野の問題に対処するために、研究分野の知識を活用することができます。
  4. 卒業生は、口頭および書面の両方の形で、懲戒または専門の聴衆と一般聴衆の両方に議論または説明を明確にすることができます。
  5. 卒業生は、研究分野における学術的および/または職業上の誠実さの証拠を得ることができます。ダン・ローマー/ Unsplash

入学要件

入学を許可された学生のほとんどは、次の基準を満たしています。

  • GREの定量的スコアが650(古い評価システム)または150(新しい評価システム)を超えています。
  • 少なくとも3.0の学部GPA。
  • 希望する大学院プログラムの航空または関連分野での4年の学士号。

アプリケーション要件

  • オンライン申込書と料金。
  • 以前のすべての学位の公式の成績証明書。
  • 推奨の3文字(できれば最近のインストラクターから)。
  • GREの得点。
  • 履歴書/履歴書。
  • プロの目標声明。

留学生の要件

国内学生のすべての入学ポリシーと要件は、以下に加えて留学生にも適用されます。

  • 英語能力を証明します。
  • 経済的支援の証明には以下を含める必要があります。
    • セントルイス大学の時間に資金を提供している人またはスポンサー機関からの財政支援の手紙。
    • 資金が利用可能であり、大学での研究期間中に利用可能であることを確認するスポンサーの銀行からの手紙。
  • 米国外で高等教育後の研究を行った学生の英訳による学業成績には、受講したコースおよび/または受講した講義、実際の実験室作業、達成可能な最高および最低成績、獲得した成績またはすべての成績が含まれなければなりません-期末試験、および任意の名誉または学位取得。 WESおよびECEトランスクリプトが受け入れられます。

申し込みとアシスタントの締め切り

学部は秋学期の申請書のみをレビューしています。秋学期の入学を検討するには、学生は5月31日までに申込書を提出する必要があります。

アシスタントシップの検討を希望する入学者は、3月1日までにアシスタントシップの検討のために別の申請書を提出する必要があります。

レビュープロセス

すべての資料を受け取ってオンライン申請が完了すると、申請はパークスカレッジの大学院教育研究局で審査された後、航空科学部に送られて推奨されます。最終決定は、パークスの大学院プログラムのディレクターによって行われます。

入学の決定は、学生の背景と教育経験に基づいて行われます。申請は完了時に審査され、通常数週間以内に決定が下されます。

最後に1月 2020を更新しました。

学校について

Founded as America's first federally certified school of aviation, Saint Louis University’s Parks College of Engineering, Aviation and Technology have forged a path of innovation in all the discipline ... もっと読む

Founded as America's first federally certified school of aviation, Saint Louis University’s Parks College of Engineering, Aviation and Technology have forged a path of innovation in all the disciplines we serve. From robots to rockets and everything in between, we’ve developed future-focused programs to address the current and future needs of the profession and society. 閉じる