生物科学の博士号

一般

講座の説明

博士号につながる研究指向のプログラム生物学の学位は、生化学、細胞、分子生物学、進化と行動、神経科学の4つの特定の濃度で提供されます。

プログラムのハイライト

  • 私たちの教員は非常に協力的であり、学生は複数のラボをローテーションすることをお勧めします。
  • 私たちの大学院生は、定期的に国内および国際会議に出席し、査読済みの出版物の著者です。
  • 私たちの教員は、国内の機関(NSF、NIH)と民間の財団から資金提供を受けた研究ラボを備え、この分野のリーダーとしての地位を確立しています。博士候補者には、学部の教育と指導の機会が与えられます。
  • 大学院生セミナーシリーズは、学年度中に毎週提示されます。研究内容を発表する学生は、プレゼンテーションスキルと研究の方向性について貴重なフィードバックを受けます。

最近の卒業生は、イェール大学、コーネル大学、ペンシルベニア大学、ノースカロライナ大学などの有名な学術機関で研究職を確保しています。その他は、GlaxoSmithKline、Merck、Johnson and Johnson、Aventisなどの製薬企業やバイオテクノロジー企業で採用されています。

プログラムのガイドライン

生物科学科は博士号を提供しています。生物学では4つの濃度:

  1. 細胞と分子生物学
  2. 生化学
  3. 神経科学
  4. 進化と行動

コースワーク
立候補前の大学院生は、いくつかの必須のコアコースと選択コースのセットを受講します。場合によっては、 学生が学部レベルまたは大学院レベルで同等のコースを受講した場合、 大学院委員会が代替コースを許可したり、コアコースの要件を免除したりすることができます(技能試験が必要になる場合があります)。正式なコース作業は、大学院研究の3学期(神経科学と進化と行動の学生の4学期)の終わりまでに完了する予定です。

ラボのローテーション
大学院生は、立候補前フェーズ中に異なるラボ間でローテーションすることを強くお勧めします。ローテーションは、1)実験室での直接的な経験、2)実験室固有の技術のトレーニング、および3)教員との1対1の対話を提供します。ラボのローテーションを最大3回行った後、大学院生はメジャーアドバイザーの承認を得て最終的な決定を行い、どのラボで彼/彼女の学位論文研究を行うかについて決定します。

教育または研究助手
大学院生は、年間を通じて教育助手または研究助手のいずれかで支援されます。教育助手は学科によって提供され、通常、学期ごとに最大9単位の授業料も提供します。ティーチングアシスタントは、1週間に20時間以内で、1つ(または複数)の学部の教授または学部の学部クラスを支援します。研究助手は、学部、大学、または主要顧問によって提供される場合があります。リサーチアシスタントによってサポートされている学生は、サポートによって指定されたリサーチに週に少なくとも20時間を費やすことが期待されています。研究助成金を受け取った学生は、学期ごとに最大9単位の授業料も受け取ります。

サポート方針
生物科学科の教員は、良好な状態のすべての大学院生に、最長5年間、競争力のある12か月の奨学金を提供することに取り組んでいます。良好な状態には、必要なコースワークでの満足のいくパフォーマンス、資格試験の合格、および博士論文の提案の配布と抗弁が含まれ、その結果、適時立候補が認められます。 5年後、学生は大学院委員会に書面による要求を提出することにより、継続的なサポートを要求できます。

大学院委員会
学部大学院委員会には、生物科学科のすべてのプログラムから選ばれた教員が含まれています。この委員会は、研究室のローテーションによる進捗状況のモニタリングや適切なコースワークの選択など、立候補前のフェーズ全体を通じて学生に助言します。立候補前の大学院生は、少なくとも学期に1回、大学院委員会と会合します。

資格試験
予選試験は、大学院研究の第3または第4学期の終わりに行われます。この試験は、2日間の筆記試験とそれに続く口頭試験で構成されます。学部は筆記試験と口頭試験の両方を評価します。口頭試験に進むには筆記試験に合格する必要があります。学生が試験のいずれかの部分で最初の試行に失敗した場合、学生は次の機会に試験を再受験する1つの機会が与えられます。

論文提案・論文委員会
専攻顧問と相談の上、大学院生は第5学期終了前に論文委員会を選考する。 4人のメンバーからなる論文委員会には、3人の学部教員(メジャーアドバイザーを含む)と学部外の博士レベルの科学者1人が含まれます。研究活動、文学の習得、および主席顧問からの入力により、学生は書面の論文提案書を作成します。この文書は、論文委員会の前で口頭弁論の2週間前までに論文委員会に提出されます。論文提案の抗弁は、 適格試験が正常に完了してから1年以内に行われます。

提案の弁護には、学生が自分の研究分野に関連する科学についての十分な理解を評価する一般試験が含まれます。論文提案の抗弁に成功し、一般試験で満足のいく結果が出たら、次の2つのフォームに論文委員会のすべてのメンバーが署名し、芸術科学大学の大学院プログラムオフィスに提出する必要があります。

  1. 提案書タイトルページ
  2. 「総合博士試験の報告」

要約すると、コースワーク、筆記、および口頭資格試験の正常な完了、および論文提案/一般試験の抗弁は、立候補への入学の要件です。大学の規制により、立候補への入学には、学士号を超える72単位または修士号を超える48単位が必要です。少なくとも24単位がコースワークである必要があります。

博士号取得の一般的なスケジュール

1年目–コースワーク、研究室を探す(理想的には夏の初めまで)

2年目–コースワーク、資格試験を受け、研究を続ける

3年目–必要に応じてコースワーク、完全な提案の防御、研究の継続

4年目– PhDに向けた研究

5年目– Ph.D.に向けた研究論文の防衛を完了します

生物科学部は、良好な状態にあり、プログラムの要件をタイムリーに完了したすべての大学院生を5年間サポートすることを約束しています。これには、コースワーク、立候補への入学、資格試験の合格、博士論文提案の抗弁、定期的な進捗会議など、十分なパフォーマンスが必要です。満足のいく進歩の判断は、大学院委員会との学生会議を通じて達成され、成績、教師付き研究の進歩、および研究アドバイザーからの情報が含まれます。

5年後の資金調達は保証されませんが、代わりに、学生のメンターまたは生物科学部からの資金の利用可能性が条件となります。学生とそのメンターは、学生の5年目以降に大学院委員会に書面でサポートを要求できます。 5年目の初めに、学生は大学院プログラム委員会から、プログラムの5年目の春学期を超えて部門のサポートを要求するための指示が記載された手紙を受け取ります。サポートを要求する学生は、論文委員会から大学院委員会へのフィードバックと学位取得のスケジュールを提供することを期待する必要があります。

学位要件

修士号を取得して入学する学生は、合計48単位(最低24単位の単位のうち、12が400レベルである必要があり、さらに研究単位が必要)を完了する必要があります。学士号を取得して入学する学生は、合計72単位(最低24単位の単位、そのうち12単位は400レベルでなければならず、さらに研究単位)を完了する必要があります。学生はまた、資格試験を完了し、研究提案書を準備および弁護し、提案書に記載されている研究を完了し、完了した研究を部門に提出する必要があります。

分子生物学の修士号には、30単位の修士課程が含まれます。 18クレジット以上が主要なものである必要があり、そのうち15クレジットは400レベルでなければなりません。学生は6クレジット時間の研究に登録し、研究プロジェクトを正常に完了する必要があります。

財政的支援

私たちは、教育助手、研究助手、およびフェローシップを通じて財政的支援を提供しています。

最後に6月 2020を更新しました。

学校について

As Lehigh’s largest and most diverse college, we are home to the social sciences, arts, humanities, and natural sciences. With 1,894 undergraduate students, 342 graduate students, 270 full-time facult ... もっと読む

As Lehigh’s largest and most diverse college, we are home to the social sciences, arts, humanities, and natural sciences. With 1,894 undergraduate students, 342 graduate students, 270 full-time faculty and 90 professional staff, we are comparable in size and offer the intimacy of a liberal arts college, yet benefit from the resources of a research university. Our faculty are accomplished scholars, artists, and writers, recognized nationally and internationally as leaders in their fields, who share a commitment to the integration of teaching and scholarship into innovative, dynamic curricula set in an intellectually stimulating environment. 閉じる