日本と韓国の研究における研究の程度

出席モード:フルタイムまたはパートタイム

文部科学省は、幅広い文化的および言語学的テーマで、研究と論文によってMPhilとPhDの学位を監督することができます。研究生を魅了することは、現在のスタッフの名前に照らして話題の選択を制限するように制限されるべきではない(大学院生は最近、日本映画、歌舞伎のテキスト、現代日本の言語学、明治韓国文学、文学、朝鮮植民地時代、18世紀の歴史など)が含まれます。 MPhilとPhDのレベルで行われた研究は、 SOASで利用可能な文学、ドキュメンタリー、およびアーカイブ資料に基づいており、日本と韓国の現場調査でも収集されています。

構造

すべての生徒はプログラムの1年目にMPhil生徒として登録します。 MPhilからPhDへのアップグレードは、フルタイムの学生のための最初の学期の終わりに(またはパートタイム学生のための第2回学術セッションの終わりに)行われます。

すべての新しいMPhil / PhD学生には、メインまたはメインのスーパーバイザー、第2および第3のスーパーバイザーからなる3つのメンバーによる監督委員会が用意されています。監督委員会全体の時間割は、60:25:15です。最初の1年間で、学生は少なくとも週1時間、主任スーパーバイザーと隔週で会う予定です。

学生の主任教員は、常に学生が登録されている部署のメンバーです。補助的な諮問機関で働く第2および第3の監督者は、同じ部局、または言語文化学部の他の部署/センターまたは他の学部の部署/センターに所属している可能性があります。学生の進歩は、部局の研究教師によってさらに監督されます。

初年度には、研究のための準備を行い、研究のための準学士課程の教授レベルで開催され、博士課程で提供される一般的な訓練によってサポートされる研究訓練セミナーシリーズ(RTS)に従うことによって、学生は準備を整えます。

文化・文学・ポストコロニアル研究センター(CCLPS)で提供される追加研修には、文学や文化研究の分野の学生も招待されます。

受講者は、研究に関連する追加の教えられたコースに通うよう監督当局から奨励され、訓練のニーズにも対応することができます。これらには、専門分野の懲戒、言語または地域カルチャーコース、または学部以外の他の学科の研究訓練が含まれます。

初学期の終わりに向けて、フルタイム学生は約5000語の文献レビューを提出する必要があります。教員研修のセミナーにこれに関する指示があり、学生は上級研究者との間で、この文献レビューをどのようにアップグレードリサーチの提案とその後の論文に組み込むことができるかについて話し合っています。

アップグレードのプロセス年度では、1名のフルタイム学生(パートタイム学生の場合は2年目)が、研究提案とコアの章からなる10,000語のアップグレードポートフォリオを提出する必要があります。これらの2つの要素の相対的な語数は、学生と監督委員会の間で決定されるべきであるが、中核の章は3000語以上であることが期待される。このポートフォリオの提出期限は2017年5月12日です。

研究提案には、通常、次の要素が含まれます。

  1. 提案研究の理論的根拠とその背景
  2. 主な研究課題
  3. 文献展望
  4. 理論的方法論的枠組みと考察
  5. 提案された研究方法
  6. 倫理的な問題(該当する場合)
  7. 博士論文の概要
  8. 研究と執筆のスケジュール
  9. 参考文献。

学生と鉛監督者の事前の手配により、これらのセクションの1つ以上の調整(適切な場合は追加や削除を含む)が可能です。

中核となる章は理想的には、ケーススタディによる学生の研究提案が実際の研究にどのように変換されるかを示す分析的な筆跡であるべきです。研究プロジェクトの性質によっては、第二次研究を開始する前に第一次資料へのアクセスが困難な場合があり、その場合は、学生と監督委員会の間で内容を合意する必要があります。

MPhilからPhDのステータスへのアップグレードプロセスは、学生の研究委員会によるアップグレードポートフォリオの評価と、20-30分間の口頭発表とそ​​れに続くディスカッションに基づいています。口頭発表は部署スタッフと研究学生に与えられます。 3人の上司が別々に会合し、アップグレードの結果について話し合い、学生に知らせる。アップグレードのポートフォリオが正常に完了すると、学生は正式にPhDにアップグレードされ、2年目に進みます。 (査定者がポートフォリオに不備があると考えた場合、博士号取得状況が確認できる前に、学生は満足できるレベルに変更するように求められます。)学生は通常、アップグレードプロセスが完了するまで2年目まで進めることができません完了しました。

2年目(またはパートタイム相当分)は、通常は研究に費やされます。これは、学生と監督者の間で合意された、フィールドワークと図書館での研究と資料収集の任意の組み合わせによって可能性があります。

3年目(またはパートタイム相当)は博士論文の研究を書くことに専念しています。この期間中、学生は、通常、トピック研究者および他の研究学生の専門知識を持つ選抜された数のスタッフからなる、部局リサーチ・チューターが主催する研究セミナーでプレゼンテーションを行います。 3年目(またはパートタイム相当)の期間、論文の最終草案を完成させる前に、主任監督者に草案草案を発表します。一揃えのドラフトが完了したら、監督委員会の全メンバーが研究を評価し、論文を提出するか、Continuation Statusに進み、さらに12ヶ月間論文を完成し、試験に提出することができます。論文は、登録時(またはパートタイム相当)から48ヶ月以内に完了する必要があります。

論文の長さは10万語を超えないように、現地の2つの主要機関によって調査されています。そのうちの1人はロンドン大学での調査の経験があり、少なくとも1人はSOAS外部です。

PhD学位は2013年の登録からSOASによって授与され、 SOAS規則の対象となります。

こちらで受講可能な講座:
  • 英語

19個のこのSOAS University of Londonのコースを見る »

このコースは、 大学キャンパスにて
Duration
3 年間
定時制課程
全日制課程
価格
4,271 GBP
フルタイムの英国/ EU料金:£4,271;フルタイムの海外手数料:1学年あたり16,950ポンド