ミュンヘンの大学院ライフサイエンス:分子からシステムへ-PhD

一般

講座の説明

139042_lmu_lsm_logo_invers_cmyk.jpg

ミュンヘン大学院ライフサイエンス(LSM)は、ヨーロッパのトップ大学の1つで、やる気があり、学問の資格を備えた次世代の研究者を対象とした国際的な博士課程を提供しています。 LSMメンバーは、革新的な研究アプローチと技術で国際的に認められており、基本的および応用的な生物学的および生化学的研究に関連する本質的な質問に答えることを目指しています。独自の研究グループ内で、またはキャンパスの専門研究グループと協力して、LSM博士はさまざまな技術を学び、指揮する機会が与えられます。さらに、大学院プログラムでは、科学者として成功するための博士号を強化し、準備するさまざまなワークショップやセミナーを開催しています。

生物学部およびルートヴィヒマクシミリアン大学(LMU)ミュンヘン化学薬学部の40を超える研究グループを擁するLSMは、ミュンヘン南部のマーティンスリートにあるHighTechCampus内の卓越した場所にあり、サポート、学際性、および周辺の研究所からの一定の科学的情報。

利用可能な研究プロジェクトは、生化学、生物物理学、細胞発生生物学、生態学、進化生物学、遺伝学、微生物学、薬理学、植物科学の分野をカバーしています。

https://www.lsm.bio.lmu.de/faculty/index.html

teaser b studium-163Graduate School of Life Science Munich","author_url":"","source":""}" />

LSMのコース、講義、セミナーはすべて英語で行われます。したがって、選択された候補者は、書き言葉と話し言葉の両方に堪能である必要があります。

大学院で成功した学生は、3〜4年後にLMUによって博士号(Dr. rer。nat。)を授与されます。候補者は、強力な定性的な背景と、独立した研究を実施する興味と能力を証明する必要があります。

博士課程は、修士号または卒業証書を取得している学生、および4年の学士号を取得している優秀な候補者(学位論文を含む)を対象としています。

LSMは、毎年10月1日から2020年11月30日までオープンする博士課程の申請を求めています。申請者は、当社のオンラインポータルを通じて多段階のプロセスで選出されるため、申請手続き全体を通じて公開性と公平性が確保されます。すべての提出は、LSMコーディネーターによって評価されます。申請書は、LSM大学院の複数の教員が独自に審査します。学歴、研究経験、動機、科学的背景、および推薦状に基づいて、LSMインタビューウィークに参加する候補者が選出されます。 LSM委員会のメンバーによる徹底的な評価の後、合格者はLSM大学院に参加するよう招待されます。

オンライン申請プロセスの詳細と詳細については、こちらをご覧ください。

さらに、DAADとLSMは共同で、DAAD大学院奨学金プログラム(GSSP)による博士課程の財政のための2つの完全な奨学金を授与します。申請プロセスと利用可能なDAAD奨学金の詳細については、こちらをご覧ください

連絡先:

大学院ライフサイエンスミュンヘン
ナディーン・ハムゼ
ルートヴィヒマクシミリアン大学ミュンヘン
生物学部
Grosshadernerstr。 2
82152 Planegg-Martinsried
ドイツ
電話:+49(0)89 / 2180-74765
メール:info.lsm@bio.lmu.de
ウェブサイト:http://www.lsm.bio.lmu.de

teaser b studium-31Graduate School of Life Science Munich","author_url":"","source":""}" />

最後に10月 2020を更新しました。

学校について

The Graduate School Life Science Munich is part of the Faculty of Biology and the Faculty of Chemistry, Biochemistry, and Pharmacy of the Ludwig-Maximilans-Universität München (LMU). These excellent f ... もっと読む

The Graduate School Life Science Munich is part of the Faculty of Biology and the Faculty of Chemistry, Biochemistry, and Pharmacy of the Ludwig-Maximilans-Universität München (LMU). These excellent faculties are ranked among the top biology and biochemistry educational institutions in Germany. Together with the LMU Gene Center and the Klinikum der Universtität München (KUM), they belong to the HighTechCampusLMU in Grosshadern-Martinsried that is well-known for international state-of-the-art research in life sciences. The participating research groups often collaborate with the adjacent Max-Planck Institutes for Biochemistry and Neurobiology and with the German Research Center for Environmental Health (Helmholtz Zentrum München). The Graduate School Life Science Munich (LSM), founded in 2009, offers an international doctoral program in life sciences covering areas of Anthropology, Biochemistry and Cell Biology, Ecology, Evolution, Genetics, Microbiology, Plant Sciences, Systematics and Zoology to outstanding motivated and qualified researchers. The program is taught entirely in English and provides comprehensive scientific training in one of Europe's top-ranking universities. 閉じる