システム工学哲学博士(Ph.D.)

一般

このプログラムについて学校のウェブサイトでもっと読む

講座の説明

5

プログラムの概要

ワシントンDCのGWのメインキャンパスで博士号を取得システム工学では、新興の学者が、応用エンタープライズシステムエンジニアリングや分析など、システムエンジニアリング分野で独自の研究を行うことができます。ビジネスおよびプログラム開発。重要なインフラシステム。リスク評価と管理。以降。

学生は、博士論文のカリキュラム計画とガイダンスを作成するために、選択した研究分野の教員アドバイザーと緊密に連携することを期待できます。学生はまた、学部生に入門レベルのコースを教え、会議論文を提出し、研究助成金申請について教員と協力することが期待されます。

コースワーク

プログラムは2つの段階に分かれています。 1つ目は、一般的な研究分野をサポートする関連する学習分野の研究で構成され、資格試験に至ります。

2つ目は、オリジナルの研究と論文での調査結果のプレゼンテーションで構成され、最終試験で最高潮に達します。プログラムの第1段階に入学すると、学生は割り当てられたアドバイザーと会って、学習プログラムを構成します。

学習プログラムには、以下から選択されたフォーカスエリアが含まれます。エンジニアリング管理="5>

  • 危機、緊急およびリスク管理
  • 経済学、金融、コスト工学
  • エンジニアリングと技術管理
  • 環境およびエネルギー管理
  • 知識と情報の管理システムエンジニアリング="5>
  • オペレーションズリサーチおよびマネジメントサイエンス
  • システムエンジニアリング
  • エンタープライズ情報保証

すでに修士号を取得している学生は、大学院レベルで最低30単位を修了する必要があります。これらはすべて、博士資格試験(DQE)を履修する学期の終わりまでに完了する必要があります。

修士号を取得していない学生は、大学院レベルの正式なプログラムでalt = "54クレジット時間以上が必要です。さらに、すべての博士課程の学生は、立候補を許可された後、最低24時間の論文研究を行います。 DQE)。

7

プログラムの前提条件

以下のコースまたは同等のコースは、D.Scの前提条件です。上記のクレジット時間に加えてプログラムが必要です。

  • 数学31単変数計算I
  • Math 32 S単変数計算II
  • APSC 3115エンジニアリング分析III

入学時に満たされない場合、これらのコースは研究の最初の年内に完了する必要があります。博士後期課程コーディネーターは、1年の学習後に博士課程の学生を評価し、それまでに前提条件を完了していない学生は入学契約に違反し、さらなる学習を禁止されます。

直接認める

修士号を取得してプログラムに参加しない学生は、次のコースを受講する必要があります。

  • EMSE 6001技術組織の管理
  • EMSE 6410金融・エンジニアリング経済調査
  • EMSE 6020マネージャーの問題解決と意思決定の要素
  • EMSE 6801システム工学I

修士号を取得して入学する学生は、上記のコースをまだ履修していない場合、博士号取得のために受講することもできますが、推奨されておらず、アドバイザーによる承認が必要です。

7

コアコース

すべての博士課程の学生は、次の3つのコースを受講する必要があります。

  • EMSE 6alt = "765エンジニアおよび科学者向けのデータ分析(春と秋に提供)
  • EMSEのEMSE 8000研究定式化(春に提供)
  • EMSE 8001 EMSEの研究方法の調査(秋に提供)

学生は博士課程に関連する追加の高度な方法のコースを選択することをお勧めします。

博士課程の学生がFの2学年またはB-未満の3学年を受け取った場合、卒業研究は終了し、それ以上の登録は禁止されます。学生がB-未満の成績を獲得するコースは、学位の合計クレジット時間要件に含まれません。 B-以下のグレードを取得した学生は、アドバイザーと一緒に学習プログラムを確認する必要があります。学生は、学習プログラム(DegreeMapプランで指定されているすべてのコース)で3.5のGPAを維持する必要があります。

資格試験

認定試験は、学生が博士号の候補として認定され、プログラムの第2段階に進むかどうかを決定する主要な手段です。その目的は、学生の背景と知的発達が中央分野の博士研究をサポートするのに十分であることを確認することです。 DQEは1月(両方の部分)と9月(データ分析のみ)に提供されます。

試験を受ける前に、学生は必要なコースワークのコアコースと2alt = "7単位(9コース)を修了し、DegreeMapを完成させる必要があります。

認定試験は、2部構成の筆記試験とフォーカスエリア試験の2つの部分で構成されています。

Ph.D.入学要件

工学部の哲学博士(Ph.D.)プログラムの応募者全員

申請者は、SEASの大学院プログラムで考慮される次の資料を提供する必要があります。

  1. 完全なオンライン申込書
  2. トランスクリプト
  3. GRE試験のスコア
    • 国際出願者:TOEFL、IELTS、またはPTEアカデミックスコア
  4. 勧告の手紙
  5. 目的説明書
  6. 履歴書/履歴書
  7. 出願料
英語試験の要件
  • すべてのビザ申請国際申請者は、TOEFL、IELTS、またはPTEアカデミックスコアをSEASに提出して、入学を検討する必要があります。
  • 最新のテストスコアのみを入力してください。スコアは2年以上経過していない場合があります。
最低スコア要件

IELTS

  • 全体で6.0、5.0未満の個別のスコアはありません。
  • Engineering Management、Systems Engineering、またはData Analyticsの大学院プログラムへの応募者は、6.0未満の個別のスコアなしでalt = "7.0の最小スコアを持っている必要があります。
  • 資金調達の機会の検討を希望する申請者は、全体のバンドスコアがalt = "7.0で、6.0未満の個別のスコアはないことが必要です。

TOEFL

  • インターネット試験(iBT)では80、紙試験では550
  • 工学管理、システム工学、またはデータ分析の大学院プログラムの申請者は、インターネット試験で最低100点を取得する必要があります。
  • 資金調達の機会を検討したい申請者は、紙ベースの試験で600、またはインターネットベースの試験で100を取得する必要があります。

PTEアカデミック

  • 53.資金調達の機会の検討を希望する申請者は、68点以上のスコアが必要です。
例外

例外は、次のような申請者に付与されます。

  • 英語が指導言語であり、大学が所在する国の公用語である機関から学士号、修士号、または博士号を取得する

  • 英語試験免除の対象となる国にある機関から学士号、修士号、または博士号を取得します。

最終試験/博士防衛

論文が完成し、教員アドバイザーと研究委員会によって承認されたら、学生は博士課程コーディネーターに最終試験フォームを提出できます。このフォームは、最終試験日の少なくとも2週間前に部門長が提出し、承認する必要があります。承認は、必要なすべての資料が博士コーディネーターに提出された場合にのみ許可されます。必要な資料には、完全に提出された最終試験依頼書、査読付きのジャーナル記事のコピー、外部評価者の履歴書、および論文の電子的および書面のコピーが含まれます。

最終試験は口頭で一般に公開されています。候補者は、研究の特別な分野と、研究で使用される材料と技術の習熟を証明しなければなりません。試験官の委員会には、特に試験に参加するために大学に持ち込まれた有資格の専門家を含めることができます。通常、研究部長は候補者の代弁者としての役割を果たします。学生は、委員会の設立に関する部門の規則を参照する必要があります。委員会は、候補者の知識への貢献の質と独創性、および分野の奨学金と研究技術の熟練度について投票します。過半数の投票で、委員会は哲学博士の学位の候補者を推薦します。可決票は、追加の分析、文書作成、または明確化の観点からの論文の変更に関する委員会の推奨に基づいた暫定的なものです。

最後に3月 2020を更新しました。

学校について

There are plenty of good engineering schools in the U.S.; but how far can good take you when your goal is to engineer better? At the George Washington University's School of Engineering and Applied Sc ... もっと読む

There are plenty of good engineering schools in the U.S.; but how far can good take you when your goal is to engineer better? At the George Washington University's School of Engineering and Applied Science, students work with professors at the top of their fields and gain access to innovative resources in one of most dynamic, research-driven centers in the world. 閉じる