コンピューター工学哲学博士(Ph.D.)

一般

講座の説明

6

プログラムの概要

博士号コンピュータエンジニアリングの分野では、意欲的な学者や研究者が、コンピュータアーキテクチャ、集積回路設計、フォトニックコンピューティング、高性能コンピューティング、ネットワークコンピューティングなど、コンピュータエンジニアリング分野の主要分野を探求する準備を整えています。

学生は、博士論文のカリキュラム計画とガイダンスを作成するために、選択した研究分野の教員アドバイザーと緊密に連携することを期待できます。学生はまた、学部生に入門レベルのコースを教え、会議論文を提出し、研究助成金申請に関して教員と協力することが期待される場合があります。

ファカルティアドバイザー

将来の博士課程の学生は、彼らが共に働きたい学部の教員と関心のある研究分野を決定することを強く推奨します。

1

Ph.D.入学要件

  • 認定機関の関連分野における学士号または修士号。
    • 申請者が修士号を取得している場合、3.4(4.0のスケールで)の最低評点平均が必要です。
    • 申請者が学士号のみを取得している場合、最低成績ポイントの平均は3.3(4.0のスケールで)でなければなりません。
  • 公開された研究論文または会議論文の形式でのオリジナル研究の実証された能力。

入学要件に記載されているオンライン申請書、試験のスコア、およびその他の書類の提出に成功した。

工学部の哲学博士(Ph.D.)プログラムの応募者全員

申請者は、SEASの大学院プログラムで考慮される次の資料を提供する必要があります。

  1. 完全なオンライン申込書
  2. トランスクリプト
  3. GRE試験のスコア
    • 国際出願者:TOEFL、IELTS、またはPTEアカデミックスコア
  4. 勧告の手紙
  5. 目的説明書
  6. 履歴書/履歴書
  7. 出願料

5英語試験の要件="5>

  • すべてのビザ申請国際申請者は、TOEFL、IELTS、またはPTEアカデミックスコアをSEASに提出して、入学を検討する必要があります。
  • 最新のテストスコアのみを入力してください。スコアは2年以上経過していない場合があります。最低スコア要件="5>

IELTS

  • 6.0全体でalt = "5.0未満の個別スコアはありません。
  • Engineering Management、Systems Engineering、またはData Analyticsの大学院プログラムへの応募者は、6.0未満の個別のスコアがなく、7.0の最小スコアが必要です。
  • 資金調達の機会の検討を希望する申請者は、総合スコアが7.0で、6.0未満の個人スコアはない必要があります。

TOEFL

  • インターネット試験(iBT)では80、紙試験ではalt = "5alt =" 50
  • 工学管理、システム工学、またはデータ分析の大学院プログラムの申請者は、インターネット試験で最低100点を取得する必要があります。
  • 資金調達の機会を検討したい申請者は、紙ベースの試験で600、またはインターネットベースの試験で100を取得する必要があります。

PTEアカデミック

  • alt = "53。資金調達の機会を考慮したい申請者は、68以上のスコアを取得する必要があります。例外="5>

例外は、次のような申請者に付与されます。

  • 英語が指導言語であり、大学が所在する国の公用語である機関から学士号、修士号、または博士号を取得する

  • 英語試験免除の対象となる国にある機関から学士号、修士号、または博士号を取得します。

最後に9月 2019を更新しました。

学校について

There are plenty of good engineering schools in the U.S.; but how far can good take you when your goal is to engineer better? At the George Washington University's School of Engineering and Applied Sc ... もっと読む

There are plenty of good engineering schools in the U.S.; but how far can good take you when your goal is to engineer better? At the George Washington University's School of Engineering and Applied Science, students work with professors at the top of their fields and gain access to innovative resources in one of most dynamic, research-driven centers in the world. 閉じる