エネルギー研究の博士号

一般

講座の説明

博士号の目的in Energy Studiesは、資格のある学生に、エネルギー研究の分野における高度な応用理論の深い理解と統合された知識を提供することです。博士号in Energy Studiesは純粋な科学ベースの研究であり、候補者は高レベルの研究能力を示し、専門分野のフロンティアで重要かつ独創的な学術的貢献をする必要があります。

エネルギー研究の博士号は、非常に高いレベルの知的、理論的および実用的な専門科学の知識と、研究分野、および最新の研究の高度な実験方法と技術、ならびに基礎科学口頭および書面での研究データの生成、処理、解釈、提示における学術的価値。

エネルギー研究の博士号への入学には、エネルギー研究の修士号が必要ですが、関連科目で修士号を持ち、エネルギー業界で適切な経験がある学生は入学を検討できます。理学部と大学が定めた入学の一般規則が適用されます。

エネルギー学プログラムコーディネーターとの協議の後に選ばれた適切な主題に関する論文は、博士号に必要です。授与される学位は博士号です。 (エネルギー研究)。

登録と開始日

登録は1月に始まり、2月には学部課程と大学院課程の両方のプログラムが行われます。

修士と博士の研究プログラムはすべて、年間を通じて登録できます。

終了日:アカデミックは1月に始まり、12月に終わります。プログラムの締め切りは、プログラムの期間によって決まります。

最後に3月 2020を更新しました。

学校について

Vibrant, multicultural and dynamic, the University of Johannesburg (UJ) shares the pace and energy of cosmopolitan Johannesburg, the city whose name it carries. Proudly South African, the university i ... もっと読む

Vibrant, multicultural and dynamic, the University of Johannesburg (UJ) shares the pace and energy of cosmopolitan Johannesburg, the city whose name it carries. Proudly South African, the university is alive down to its African roots, and well-prepared for its role in actualising the potential that higher education holds for the continent’s development. 閉じる