博士号の人気プログラム

PhDDoctor of Philosophy、人文科学の分野で一般的な学位の省略です。特定の専門分野における大幅な研究を終えた人に与えられる学位です。 博士課程の学生の研究は、現在の知識ベースに大きく貢献することが期待されています。研究は博士論文でまとめることが一般的です。 多くの場合、自分の専門分野の専門家パネルの前で博士学位論文の試問プレゼンテーションで合格した学生のみに、博士号が授与されます。学位を取得するまでに最短に4年間かかりますが、学生、大学やプログラムによって、その期間が長くなる場合もあります。

国際的な博士号プログラムを提供している大学やプログラムも多数存在します。 さらなる教育を受けたい人のために多様な博士号プログラムのオプションが提供されています。その中でヘルスケア、心理学、エンジニアリング、教育、生物化学、および生物医学科学などの博士課程プログラムが含まれています。 各国ではトップレベルの博士号プログラムがありますので、博士号を取得したいと思っている学生は多数の国から選ぶことができます。

以下に記載されているトップレベルの博士号プログラムについて調べてみましょう - 自分の理想的な博士号プログラムを見つけるかもしれません!

新しく追加された博士号とDBA

University of Kent, School of Engineering and Digital Arts

電子工学の博士号

11月 7, 2018
… [+]エンジニアリング・アンド・デジタル・アート・スクールは、刺激的な学問環境において、電子、制御、情報工学に関連する幅広い研究分野で研究主導の学位を提供しています。学校はその仕事に対する国際的な評判を誇り、学生が最大限の可能性を実現できるように自信を持っています。 [-]

Vienna Graduate School Of Finance

ファイナンスの博士号

11月 1, 2018
Vienna Graduate School Of Finance (VGSF)は有望な学生を招待し、財務のPhDプログラムを申請します。 VGSFは、IHS(Institute for Advanced Studies)、ウィーン大学、WU(Vienna University of Economics and Business)という3つの機関の協力の結果です。

IMPRS for Molecular Life Sciences

PhDライフサイエンス

11月 5, 2018
分子生物学のための国際マックスプランク研究スクール:生物学的構造から神経回路(IMPRS-LS)には現在、完全に資金を供給された博士課程の学生の地位に関する公募があります。

日本国での大学

地域を変更

博士号とは何ですか?

PhDは「doctor of philosophy」の省略ですが、そこに含まれる意味が不明であることもあります。 「Arts - アーツ」と同じく、この場合の「philosophy - 哲学」の用語の使用と、実際に哲学を勉強するかどうにはいっさい関係がありません。 「哲学の博士」の基本的な意味は、自分の専門分野で最も高いレベルの学位を取得したということです。 どの分野でも最上位の学位は「端末(ターミナル)学位」と呼びます。求職する際に最上位の学位を持つことが決定的になる可能性もある:ここが修士号と博士号の相違になっています。修士号は中間の学位ですから、そのオーソリティも博士号より少ないです。

「doctor」という名称が付いている学位は、「博士・doctorate」と呼びます。大学では、「名誉学位」が授与されることがあるとご存知かもしれません。それは、博士課程を終了したことを意味するのではなく、尊敬される社会的な行為・貢献をしたということを示します。 名誉学位の反対言葉は、「取得した学位」です。この用語は、求人広告でよく見かけるでしょう。博士号の「名称学位」しか持っていない人は申し込めませんということを示されています。

博士課程の種類がたくさんありますが、PhDはその一つです。 正式な書き方は以下の通りです:「Ph.D.」、ドット付きで、「h」が小文字になっています。 しかし、国によって定められた用語や習慣が違うし、規則が変わることもあります。 現代は、すべて大文字で書いてある「PHD」で表示されることが良く見かけます。

博士は、最古の博士号の一つであり、伝統や歴史が深い世界中に尊敬される学位です。 PhDの博士号は伝統的に専門的な(応用的で、職業の)資格ではなく、学術的な学位です。 しかし、その区別でさえ変わりつつです。 現代の世界では、マネジメント、ソーシャルワーク、コンピュータ・サイエンスでPhDを取得することが可能です。 さらに、以前MFAが最上位の学位だったクリエイティブ・ライティングなどのアーツ関連の分野でもPhDを取得することができます。

博士号を取得するいくつかのメリットは、誇りや権威、それに関連する信頼感です。もちろん、トップレベルの仕事に応募することもできます。 博士号を取得することによって、高度スキルが身につけ、大学のレベルで講師になる権利も得られます。 現在の情報や技術の時代、グローバル化する経済の中に成功して生きるためには、今まで以上に教育や専門化が必要とされています。

勉強に熱心な真面目な知識人にとって、博士号を取得するがとてもやりがいのある挑戦です。 しかし、個人的な満足感のために博士号を取得したいと思っているのであれば、博士課程に入学するかしないかを慎重に検討するべきです。 博士課程に入学することは難しくて、重大なコミットメントです。 入学は簡単なもとではないし、すでに修士号を持つことが入学条件の一つになります。 博士課程のプログラムは、理論と方法論に関するコースワークで始まります。 最終的には、資格試験、口述試験など受ける必要があります。 数百時間にわたるフィールドワークや指導教員の監視下で行われる研究室経験を卒業要件にする大学もあります。 最後のプロジェクトは博士論文と呼びます。それは、出版できるプロフェッショナルレベルのプロジェクトです。 この何年にもわたるプロジェクトは、正式な研究計画からはじまり、専門家のパネルの前の口述試験で終わります。

博士課程プログラムを卒業するには通常最短3年間かかります。9年間までかかる場合もあります。 8〜10年間のタイムリミットがある場合が多いです。 博士号を取得するにこんなに長い時間が必要となる理由はその難しさではなく、多くの人生の出来事や折り目です。 博士課程の学生の多くは年齢的に結婚や子育て、その他の受容な人生の変化の時期を経験しています。 さらに、多くの国では博士課程の学生に与えられる援助金が足りないため、アルバイトをする必要もあります。同時に仕事をすることによって、勉強できる時間が減ります。

博士課程プログラムの援助金は専攻や国によって大きく異なります。 「学費・費用の完全免除」のプログラムは理想的です。それは、大学が学費を無料にし、奨学金または教育助手などのアルバイトをもらえる保証がつくことの意味をします。 また、多くの奨学金や「フェローシップ」が申し込めます。奨学金は毎月援助金をもらえることを示しますが、「フェローシップ」はインターンシップなどの形でのアルバイトのことを示します。「フェローシップ」は将来のキャリアのための良い基盤になります。

現代はオンラインでも博士号を取得することができます。 博士課程のオンラインプログラムには様々なアドバンテージがあります:コースワークのスケジュールにコミットメントせずに、自分のスケジュールに合わせて授業に参加することもでき、仕事と家族のバランスが上手くとれることができます。遠いキャンパスへ通うことも必要なくなります。 オンライン学位のプログラムは通常のプログラムより安い価格で提供することができます。なぜなら、施設や研究室の使用コストなどが節約でき、余った金額が学生の学費を下げるために使われています。

オンライン学位はますます人気を集め、人聞きが良くなっています。 まだオンライン博士号より普通の博士号を求める雇用者がいますが、インターネットの多様性が現代的な社会の一部であることを理解している雇用社もたくさんいます。 オンラインの博士課程プログラムは伝統的なプログラムと同じレベルの勉強が必要です(せめて、そうであるように学生が積極的に勉強することが求められます)。また、教授や他の学生とのコミュニケーションも大事になります。

トップレベルの博士課程プログラムでは、大学にいる間に支援してくれている、将来の仕事を探す際に相談できるキャリア・センターが設置されています。 指導教員が簡単に見つけられることも、良いプログラムの一つの特徴です。

博士号を取得することによって、キャリアアップ効果が期待できます。特に収入の増加や社会で尊敬されることが博士号の特徴です。 プログラムにコミットメントする前に、必ず自分の分野のキャリア見通しについて調べることがおすすめします。人文科学のような分野では、博士号を取得した人の数が多く、卒業後に仕事を見つけることがとても難しいです(特に大学に就職したい場合)。 対照的に、その他の専門は拡大しています。 ある分野で研究できる専門家が求められ、その分野が重要な政策に関わっている場合は、博士号を取得した方が良いでしょう。 経済学、ファイナンス、マーケティング、開発研究などが将来の仕事やっ収入の見通しにおいて期待できる分野です。