University of Minho - School of Arquitecture

はじめに

公式の説明を読む

ザ· ミーニョ大学の建築学校 学術自治(科学、教育・文化)と管理を楽しんで教育と研究の有機的統一性があります。

その自律性を行使では、学際的な視点を開き、他の部門や機関と共同で、補完的なフレームワーク、研究や高度なトレーニングの知識を開発し、地域社会へのサービスの提供を促進することを提案します。

ザ· 建築の学校 自律プロジェクトの分野で、または国内または国際他のユニット、とのパートナーシップでの教育・研究活動の発展に一貫性があり、適切なヒト・物的資源を結集。

ザ· 建築の学校 アーキテクチャの自律学科の指定、建築の分野での知識の創造、普及・活用と、その後も1996年以来、保証します。

質問の中に、様々な懲戒自治体を入れますが、知識のその状態として単なる総和を超えない - - アーキテクチャの実施に必須のプロジェクトの方法論の形成に寄与することを実践し、「統合された知識」を推進するためには、ことを教えるの特異性でありますその複数の原子価です。

独自の方法を構築することにより、建築の学校は、近年までは、大きな国の都市部で最も古い機関やアンカーをpontificated、システム自体を主張することができました。 戦略的利害関係、科学的メリットと持続的な仕事のバランスのとれた組み合わせは、あなたは明確な認識を確保することができました。

また、世界遺産、2012年に欧州文化首都だった都市としてユネスコによって認識歴史的中心部に恵まれギマランイスでミーニョ大学のキャンパスの建築学校の所在地、ある高めます。

ミッションと目標

ザ· 建築の学校 その使命は持っている、高等教育を促進し、人道主義の原則に基づき、社会のモデルの構築に貢献し、思想と複数の重要な判断の自由度に基づいて、生成普及およびアーキテクチャの知識と関連分野を適用することです成長、持続可能な開発、福祉や連帯などの知識、創造性と革新性。

O cumprimento da sua missão é realizado num quadro de referência internacional, com base na centralidade da investigação e da sua estreita articulação com o ensino, mediante a prossecução dos seguintes objectivos:

a) A formação humana ao mais alto nível, nas suas dimensões ética, cultural, científica, artística, técnica e profissional, através de uma oferta educativa diversificada, da criação de um ambiente educativo adequado, da valorização da actividade dos seus docentes, investigadores e pessoal não docente e não investigador, e da educação pessoal, social, intelectual e profissional dos seus estudantes, contribuindo para a formação ao longo da vida e para o exercício de uma cidadania activa e responsável;

b) A realização de investigação e a participação em instituições e eventos científicos, promovendo a busca permanente da excelência, a criatividade como fonte de propostas e soluções inovadoras e diferenciadoras, bem como a reflexão sobre os grandes temas da contemporaneidade;

c) A transferência, o intercâmbio e a valorização dos conhecimentos científicos e tecnológicos produzidos, através do desenvolvimento de soluções aplicacionais, da prestação de serviços à comunidade, da realização de acções de formação contínua e do apoio ao desenvolvimento, numa base de valorização recíproca e de promoção do empreendedorismo;

d) A promoção de actividades que possibilitem o acesso e a fruição de bens culturais por todas as pessoas e grupos, internos e externos à Escola;

e) O intercâmbio cultural, científico e técnico com instituições e organismos nacionais e internacionais, através da mobilidade de estudantes, docentes e pessoal não docente e não investigador, do desenvolvimento de programas educacionais e de investigação com base em parcerias, da contribuição para a cooperação internacional, com especial destaque para os países europeus e de língua oficial portuguesa, e da construção de um ambiente multicultural na Escola;

f) A interacção com a sociedade, através de contribuições para a compreensão pública da cultura, e o estabelecimento de parcerias para o desenvolvimento social e económico, nos contextos regional, nacional ou internacional;

g) A contribuição para o conhecimento, defesa e divulgação do seu património natural e cultural;

h) A promoção da sua sustentabilidade institucional e da sua articulação com o espaço global.

この学校か以下のプログラムを提供しています:
  • Portuguese (Portugal)

表示 PhD »

プログラム

この大学がさらに提供しているのは:

PhD

建築の博士号

キャンパス 全日制課程 6 学期 October 2017 ポルトガル Guimarães

ギマランイスでミーニョ大学の建築学校(EAUM)によって提供される博士課程は3教科の建築で博士の学位を与えます: [+]

ザ· ギマランイスでミーニョ大学の建築科で提供博士後期課程(EAUM) 度を付与します 建築におけるドクター 3主題​​分野で: 市と地域。 建設技術; 建築文化。 経験の数年で、その主な目的は建築の幅広い懲戒分野の拡大に貢献概念と方法論的フレームワークを使用することにより、異なる研究能力及び方法を開発することです。 180 ECTSと同等のこの博士課程プロファイルは、6学期続きます。 プログラムは、2つの代替案、AとBに分割されています: - プランA: 論文の開発FOT 4ヶ月続いカリキュラムコース単位での義務周波数を持つ2つのsemestresを含みます。デ年度2016/2017のためのコースはで開きます 構成及びTECNOLOGY テーマ「工事やリハビリテーションのための革新的なシステム」の下に。 アプリケーション上の第一のコールは、2016年7月20日まで1日からオープンします。 8月15日から2016年9月16日に第二コール。 セミナー「建設Rhabilitationための革新的なシステムは、「有名な国内および国際的な専門家の支援を受けてカウントされ、それがアーキテクチャ上の建設と技術の現代的な思考に新興国や基本的な問題に科学的かつ重要な反射を提供する必要があります。 - プランB: 「方法論と研究プラクティス」ユニット(最初の学期で30クト)の提供を除いて、カリキュラムの構成要素なしで、博士論文に特化している6学期続きます。 それは密接に学生がその研究ドメインに調整し、学生や科学顧問の間での参加と経験を促進する環境の中で十分な柔軟性を確保個別造形コースを構築することを可能にする科学顧問監修チュートリアルシステムに基づいています。 登録は学年の間に恒久的に開放されています。 応募は、その他のデータの中から、EAUMから仮科学顧問を指定する論文提案計画が承認されるように、含まれるアプリケーションに充填することによって送信することができます。 論文は、2つの結果がかかることがあります: (理論的な研究と生産の​​方法論に焦点を当てた)「論文」のいずれか。または(論文の妥当性と独創性を実証するために、記述と正当化する報告書と建築の提案で構成されている実践的な研究に焦点を当てた、)「プロジェクト」の。 建築におけるEAUM博士課程は、幅広い学際的な社会科学と人文内のスキルを組み合わせて、R&Dユニット」の風景、文化遺産と地域の研究所 ''とても良い」の等級とFCT(ポルトガルの国立科学財団)によって評価(Lab2PT)で関節結合されていますフィールドは、異なる科学分野から幅広い研究チームを統合します。 Lab2PT 風景や社会(ランド)、デザインと技術(DeTech)宇宙と表現(スペーサー):自分のアイデンティティや目標に応じて3つの研究グループで構成されています。 Lab2PTのメンバーは互いに密接人材の内部ネットワーク、プロジェクトと結果の科学的な品質を促進するための貴重なツールを生成し、それらの多様な懲戒の専門知識を活用して、インストールされている実験室の容量だけでなく、拡張された国際から利益との対話インタラクション。 建築EAUMの博士課程は、以前のトレーニングコース建築、または関連分野において、科学評議会によって認識されて修士の学位または同等の、の保有者のために開いています。 応募者は、次の要件のいずれかを満たす必要があります。a)修士号の保有者または法的同等の資格が必要。 b)の候補者が研究のこのサイクルを実施することが可能であることを確認するために建築の分野または同等とEAUMの科学評議会によってレビュー関連する学術的または科学的なカリキュラムの高等教育の学位の保有者が必要。 c)の候補者が研究のこのサイクルを実施することが可能であることを確認するためにEAUMの建築の学校の科学評議会によってレビュー、学術的、科学的または専門的なカリキュラムの保有者が必要です。 [-]

お問い合わせ
所在地
Campus de Azurém
4800 - 058 Guimarães

Guimarães, PT
ソーシャルメディア